家財便 引越し

家財便の引越しの上手な利用方法

家財 引越し 料金

家財 引越し 費用

家財 引越し 安い

家財 引越し 価格

家財 引越し 最安値

 

大きな荷物を運ぶ方法は、1・自分でレンタカーを借りて運ぶ 2・宅配業者の家財便を利用する 3・引越し業者に依頼する などがあります。

 

運びたい荷物は1つだけで配送先が遠方であれば、2の家財便がおすすめです。
家財便があるのは、大手の宅配業者だけでなので配送料金はHPから確認できます。

 

しかし運びたい荷物が複数あったり、配送先が近くであるならレンタカーで運ぶか引越し業者に依頼しましょう。
ちなみにレンタカーで運ぶ時でも、このくらいの費用はかかります。

 

家財 引越し

 

家財は大きくて重いので、1人でトラックまで運搬するのは難しいです。だれかに手伝ってもらいましょう。
手伝ってくれる人がいない、免許がない、体力に自信がないという方は、引越し業者に依頼してください。

 

引越し業者には大きな家財だけを運ぶサービスがあるので、お気軽に申し込みいただけます。

 

家財 便

 

一括見積もりで一番安い引越し業者を探してみてはいかがでしょうか?

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順について

引っ越しの手順がわかりやすい

引越するときは家財だけでなくいろいろと荷物があるので、一度で終わラせようと思うとやはり、引越し業者に依頼するのが結局オトクになることが多いと思います。

 

そこで、順をおって説明していきたいと思います。

 

手順が多いから中途半端になってしまうことも多いので気を付きて確認していきましょう。
何回も同じことを繰り返してしまわないように準備することが楽な引っ越しの方法です。
二度三度と役所に行くのは面倒ですからね。

 

新しい家が決まったら最初に引越し業者に連絡しましょう。
ここでは、1者ではなく複数の業者に見積もりを取ることがポイントに成ります。
住所がしっかり決まったタイミングで見積もりを取ると費用を安くすることが出来ます。

 

実は早く見積もりをするほど安くなるのです。
タイミングがいちばん大事なので最初にやってしまいましょう。

 

 

引越しの繁忙期

 

繁忙期 引越し

 

引越し料金は時期によって価格が変動します。
同じ商品を同じ場所に運ぶ際に、時期で料金が変わる料金形態の配送業界はほかに見られません。

 

引越しの繁忙期になると、引越し料金が高額になります。
そして引越し業界の繁忙期というのは、3月〜4月上旬です。これはちょうど春休みにあたる時期です。

 

この時期に繁忙期を迎えるわけは、日本の受験が2〜3月に終わり新学期が4月からスタートするからです。
多くの新大学生や新社会人は春休み中に引越しを行います。
これが全国の大学や会社で一斉に行われるのですから、この時期の引越し業者は大忙しです。

 

さらに同じ時期にサラリーマンの春の転勤も重なります。

 

引越し業者も繁忙期はスタッフを増員したり残業するなどして対応するので、人件費などの増加分引越し費用も高くなるのです。
繁忙期の引越し費用を抑えるために、時期をずらす方法も考えておくといいですね。

 

必要最小限のもので引越しをして繁忙期が終わってから本格的に引越しをするとか、新居の近くで生活用品を揃えるなどの工夫が必要です。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者は荷物を運ぶのだけが仕事ではありません。
家財の取り付けや取り外し、ハウスクリーニングなどさまざまなニーズがあり、それらを有料で請け負っています。

 

引越し業者の有料オプションには次のようなものがあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

たくさん並べましたが、すべての項目を1つの引越し業者が行っているわけではないので、どんなサービスがあるか契約する前に確認しましょう。

 

有料オプションのなかで、依頼数が多いのはエアコンの移設なのだそうです。
エアコンは1部屋に1台ついていることも多いですし、高価なので新居に運びたいという依頼が多いのも納得ですね。

 

ピアノをお持ちの方は、有料オプションを依頼することをお忘れなく。
実はピアノを運ぶには専門的な知識と技術と設備が必要なので、ピアノの運搬を扱っていない業者もあります。

 

必ず契約前にピアノが運搬できるのか確認しておいてください。

 

 

荷物の梱包と不用品の処分をすすめる

 

引越する日は決まっているので、それまでに不要なものは処分し、必要なものは順番に梱包していきましょう。
不用品は買取を利用すると高く売れることがあるので利用しましょう。
買い取りしてもらえないものは、処分に時間がかかることもあるので早めに手配しましょう。

 

荷物はできるだけ減らしておいた方が、料金も安くなりますし、ダンボールに詰める作業も減ります。

 

ここで、大幅に荷物の量が変わってしまったときはもう一度、見積もりからやり直しましょう。
キャンセル料はかからないところが多いので、チェックしてみましょう。
キャンセルの費用がかかってしまって、もっと安くなるならオトクですので確認はする方がいいですね。

 

引っ越しの料金は荷物の量が少ないほど安くなるのが通常です。